期間工の求人で注意すべきこと

期間工は、一定の期間だけ特定の業務について働き、その後契約期間が終了すれば解雇となるものです。

OKWaveに関する情報を公開しているサイトです。

したがって、働き方が正社員ではない以上、契約期間を終えた後についてどうすればいいのかという将来像がつかみにくくなります。
このことが、期間工への就労が少なくなることの原因となっています。



一方、正社員として採用をするとなると、人件費が相応にかかってきます。


求人を出す側からすれば出来るだけ人件費は抑えたいのが本音です。
したがって、期間工という形で求人を出さざるを得ません。求人を出す側も応募する側も双方にとって好条件となると難しいものです。


しかしながら、応募してくれる人が少なければ、この働き方それ自体が非常に難しくなってしまいます。
ましてや就労人口の減少により徐々に人手不足が顕著になってきており、期間工として働きたいという人それ自体が少なくなっていく状況です。
そうなってくると、求人による条件をよくすることで、人材を求めるしか方法がありません。

応募を希望する側はその条件を見てよりよい条件のところに応募すればいいだけです。


すなわち、これからの期間工は、求める側では無く応募する側がより条件のいいところへ集まりやすくなっていき、その期待に応えられるところだけが人材を集めやすくなっていきます。


したがって、可能な限り求人条件を良くすることで、人手不足の解消を行うという発想が、採用する側には必要になっていくものです。